船橋市の葬儀社で家族葬を依頼する際に知っておきたいこと

船橋市の葬儀社で家族葬を依頼するのであれば、まず自分の望む規模や形式での葬儀を行える葬儀社かどうかを見極めておくことが重要です。自宅からのアクセスが良い斎場が利用できるかどうかも大事ですので、その斎場が使える葬儀社か否かも重要です。実際に依頼する前に、費用を確認しておくことも大事です。比較サイトなどには、各葬儀社の家族葬プランが掲載され、参列人数ごとの料金も表示されていますが、同じプランでも会社によって内容が違いますので、利用したい葬儀社の候補をいくつか絞ったところで、プラン詳細を確認しておきます。船橋市には数多くの葬儀社がありますが、希望する斎場が使える葬儀社かどうかを先に確認しておくと、その時点で近隣の数社に絞られてきます。公営の斎場を利用したい場合も、なるべくその周辺にある葬儀社を選んでおくと、何かと便利です。

プランごとの料金設定の詳細も確認

家族葬には概ね3つのプランがありますが、依頼する前にはそれを確定しておいて、参列する家族や親類、故人の親しい友人など何名になるのかもはっきりさせておきます。プランの選択と参列人数で費用がまったく違ってきます。3プランの違いは、1つめが通常の葬儀同様お通夜と告別式を行う形式で、2つめがお通夜なしで告別式のみの一日葬、3つめがお通夜も告別式も行わず、火葬のみの直葬もしくは火葬式です。同じプランでも各葬儀社で料金に幅があるのは、使用する斎場の規模などの違いからですが、他社に比べてあまりに安価な場合はやや注意が必要です。同じプランであっても、基本料金が他社よりも格安で設定されている場合、必要な接待費用などがオプション料金として加算され、精算するときにはかなりの高額になってしまうこともあります。安いからと飛びつく前に、よく確認しておきましょう。

望む通りの家族葬を実現するためのステップ

船橋市は葬儀社の数が多いだけに、どの葬儀社のどのプランが良いのか、ネットの情報やパンフレットなどではわかりにくくなっている面もあります。実際に利用した人の口コミを読んでおくと、宣伝文には書かれていない問題点に気付くこともできます。不満点などが詳細に書かれている口コミは、利用した人が素直に感じたことですので、自分が利用したい葬儀社について書かれているものは必読です。葬儀社との直接交渉に入る前には、公的な相談機関などを利用しておくのも一つの方法です。近年、葬儀やお墓の準備をしておくのは縁起が悪いという風潮は薄れ、むしろ終活の一環としてきちんと調べて決めておくほうが良いという考え方が強まってきました。特に病院で亡くなった場合、搬送をせかされて慌てて葬儀社を決め、納得しがたい葬儀になってしまうケースもあります。最低限の準備は、やはり必要と考えられます。