船橋市で家族葬をする際の注意点

千葉県内でも都心からのアクセスが良い船橋市は、核家族の世帯が多くマンションも急増していることから、規模の面からも家族葬が選ばれやすくなっています。形式としては概ね3種類のプランに分かれています。多くの葬儀社が3プランと参列人数を目安に料金を設定しています。病院で亡くなるとすぐに遺体搬送を求められますので、病院から紹介された葬儀社に慌てて依頼するケースが見られますが、自宅からのアクセスが今一つの斎場を利用することにもなりかねません。プランの概要を知らないままでは、費用の面でも戸惑ってしまうことが多いと考えられます。事前の準備は縁起が悪いという考え方もありますが、葬儀は家族のみで行いたいと考えている場合、3プランの概要と各葬儀社の料金設定を多少なりとも把握しておいたほうが、いざというとき慌てずに済みます。納得のいく家族葬を行うには、幾分かの準備は必要です。

3つのプランと参列する人数で決まる費用

家族葬3プランのうち、1つめはお通夜と告別式を2日間かけておこなう通常スタイルで、参列者が家族親戚のみといった限られた人数という以外、通常の葬儀と大差ない形式です。2つめはお通夜を行わず告別式のみ執り行う一日葬です。3つめはお通夜も告別式も行わず火葬のみ行うもので、直葬とも呼ばれる火葬式です。各葬儀社が設定しているこれら3つのプランは、同じ形式であっても斎場の規模や祭壇の装飾などによって価格設定にかなりの幅があります。必要事項がすべて含まれての設定もあれば、オプションで加えていくタイプもありますので、注意が必要です。他社の同じプランに比べて格安設定になっているものは、オプションでいろいろ加えていった場合、追加料金で精算時に思わぬ高額になることがあります。料理や返礼品といった接待費用、斎場の使用料などを含めての料金設定かどうか見極めが肝心です。

火葬場に斎場が併設されている馬込斎場

費用が抑えられることと、時間がかからないという点から、火葬式が選ばれやすい傾向が強まっています。船橋市には、火葬場に斎場が併設されている公営の馬込斎場がありますので、周辺エリアよりも立地の面でも恵まれています。馬込斎場は周辺4市と合同の公営斎場ですが、市内にあるという点では、船橋市民がより利用しやすい施設と言えます。大小4つのホールがあり、通常の葬儀も行えますので、多くの葬儀が重なってしまったときは、待たされることがあります。馬込斎場へは、公共交通機関を利用する場合、JR船橋駅北口からバスで15分ほどとなります。周辺の鉄道駅からは徒歩20分となりますので、その点が少々不便ですが、公営ならではのわかりやすく安価な料金設定は、やはり魅力です。家族を喪った悲しみに加えて、葬儀後の思わぬ高額請求に遭わないためにも、事前リサーチは大切です。