船橋市で家族葬を行なっている葬儀社のまとめ

都心からのアクセスが良いベッドタウン船橋市では、家族葬形式での葬儀を行う人が増えています。それぞれに特色あるプランを設けている葬儀社が数多くあり、漠然と選び始めると迷うばかりとなります。想定している形式と予算を明確にしてから、比較検討していくほうが絞り込みやすくなります。船橋市で家族葬を行っている葬儀社がどのくらいあって、自分が想定している形式がどれほどの価格設定になっているのか知りたい場合は、ネットの比較サイトの閲覧が便利です。概ね60社ほどありますので、自分の基準で比較しやすいサイトを選びます。葬儀社を比較し絞り込んでいく前に、葬儀を行う斎場の場所、参列者となる家族や親戚の大体の人数をはっきりさせておきます。利用したい斎場が特定の葬儀社所有という場合、その葬儀社を選ぶことになりますので、私営の斎場の場合、そこを利用できる葬儀社かどうかの確認が必要です。

葬儀社によって違うプラン内容と費用を精査

各葬儀社の家族葬プランは概ね3つに分類されています。1つは通常の葬儀と同様お通夜を行って翌日に告別式を行う通常形式です。家族と親戚、故人の親しい友人のみ参列という以外は一般的な葬儀とほぼ同じです。2つめは告別式のみの一日葬、3つめはお通夜も告別式も行わず、火葬のみの直葬もしくは火葬式です。比較サイトには3つの形式に目安となる参列人数別に基本料金が記載されていますので、利用したい斎場で絞り込んだいくつかの葬儀社ごとにかかる費用を知ることができます。注意点は、葬儀社ごとのプラン内容にかなりの違いがある点です。他社に比べてあまりに安価なところは、必要な費用がオプションで加算される仕組みになっていることがあります。特に注意が必要なのが火葬のみ直葬プランです。一般的に25万円ほどかかると言われる形式ですが、10万円という格安料金での広告が散見されます。こういったプランでは、遺体の搬送や安置にかかる費用などがオプション料金になっている場合が多くなります。

選択肢の多い船橋市では事前準備が大事

葬儀社が多く、多種多様の家族葬プランから選択できる船橋市ですが、選ぶのが大変な面もあります。実際に決める前には、比較サイトに掲載されている料金設定や大まかなプラン内容だけに頼らず、個別にパンフレットなどを取り寄せて、さらに精査していくことが肝心です。葬儀社の広告だけでなく、公的な相談機関などで情報を得ておくのも一つの方法です。自分が利用したい葬儀社で実際に葬儀をあげた人の口コミも参考になります。葬儀は誰もが慣れていないものですので、可能な限りの情報に接しておくことが、間違いのない選択につながります。終活ブームでエンディングノートを準備しておく傾向が強まり、あらかじめ葬儀やお墓の準備をしておくことがタブー視されなくなってきました。納得のいく葬儀を行うためには、むしろ事前の準備こそが大切と言えます。